スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

保険の見直しと投資

証券外務員の勉強をして、証券投資に関心を持ち出すと自分で投資信託で資産形成するようになりました。

そこで気になったのが生命保険

金融機関に勤務しながら、保険に関してはほとんど無関心で保険のセールスマンに言われるがままに生命保険に加入していました。

そこで就職と同時に加入した予定利率の高い「お宝保険」以外をすべて解約し、掛け捨ての共済に加入する保険の見直しを行いました。

バブル崩壊後は保険会社が倒産、または予定利率の引き下げが相次ぎました。

かつては養老保険、学資保険は貯蓄と保険を兼ねていて元本割れもなくセールスマンが「貯金は三角、保険は四角」というセールストークを使っていました。

四角というのは特約保険料のことで、入院給付金、手術保険金、災害特約等です。

その部分が保険会社の大きな収入源となっています。

大手生命保険会社は大量の営業員を抱えていて大量のCMを流し、大きな自社ビルを構えています。

保険という金融商品ほど情報開示の見えないものは無いといわれています。

あのウォーレン・バフェットが保険会社を所有していることからわかるとおり保険会社は「儲かる会社」なのです。

それに対し投資信託はあらゆることを目論見書や取引残高報告書等で明示している(義務付けられている)金融商品です。

入院初日から入院保険料が貰えることを売りにする保険が発売されて久しいですが、その部分は貯蓄で補える範囲です。

まとまりの無い文章になってしまいましたが、投資するしないに限らず家計を見直すのは生命保険からではないでしょうか。

  






スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

RSS ブックマーク
Amazonベストセラー
プロフィール
のんびりと目先の値動きを気にせず投資信託を積み立てています。

投資素人

Author:投資素人
FC2ブログへようこそ!

おすすめ投信・証券会社
投資信託|セゾン投信
リンク
twitter
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
マネポケ金融投資ブログランキング
QRコード
QR
ブクログ
投資関係の読んだ本です。 他にもいろいろと読んでいます。
trackfeed
track feed 投資信託 ファンド
track word
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。