スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

投資信託のための証券会社選び

投資信託で資産形成、アセットアロケーションの構築のためには5年ほど前までは複数の証券口座を持つ必要がありました。

投信ラインナップが現在ほど豊富ではなく、国内株式、国内債券、外国株式、外国債券のインデックスファンドを積立購入するには手間がかかりました。

ネット証券各社も現物株式の手数料値下げ競争で、投信にはそれほど力を入れていなかったように思えます。

それがライブドアショック以降、株式市場が低迷し、投信のブームが起きるにつれ資産形成に向いているインデックスファンドを多数ラインナップするようになりました。

投信は売れば売るほど販売会社に手数料が入る仕組みになっています。

ノーロードであっても信託報酬から収入が入ってきます。

投資家の現物株式離れが投信ラインナップ、少額からの積立を可能にしたのは皮肉かもしれませんね。

楽天証券、カブドットコム証券、SBI証券、マネックス証券、投信スーパーセンターどれを選んでも良いと思います。

また直販のさわかみファンド(アクティブファンドですが)セゾン投信も選択肢に入るでしょう。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

RSS ブックマーク
Amazonベストセラー
プロフィール
のんびりと目先の値動きを気にせず投資信託を積み立てています。

投資素人

Author:投資素人
FC2ブログへようこそ!

おすすめ投信・証券会社
投資信託|セゾン投信
リンク
twitter
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
マネポケ金融投資ブログランキング
QRコード
QR
ブクログ
投資関係の読んだ本です。 他にもいろいろと読んでいます。
trackfeed
track feed 投資信託 ファンド
track word
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。